PTA役員決めは経験者から!?PTA活動のメリット【小学校・中学校】

子どもが学校に進学すると親として面倒なことも出てきます。
PTA活動。多くの人がなるのをいやがるPTAの役員です。
小学校、中学校や幼稚園などでもある場合もありますね。

PTAの役員を決めるのがイヤだから、と学年始まって初めての事業参観日には行きたくないという親もいるようです。
確かに面倒なことも増えるでしょうし、イヤですよね。

仕事があって忙しい、などの理由で断ることもできますが、共働き世帯が多い昨今、仕事や忙しさを理由に辞退するのはなかなか難しいです。
また、くじ引きなどで決めると当たってしまい、見事PTA役員になってしまったということになる場合もあります。

一度PTAに選出されるとその後も役員をやることになる!?

ただでさえイヤなPTA役員ですが、より一層いやがる理由の一つとして

一回PTAなどの役員になると、その後、また何かしらの役をやるはめになりやうい

という話。

もちろんこれも場所や学校によって変わってくるでしょうが、実際そういった傾向がある場合もあるようです。
例えば、幼稚園で役員をやっていた場合、小学校のPTA役員をやる、などですね。

なぜそんなことが起こるのか?というと、やはり周りからの支持でなるパターンでは、どうしても役員をやることで目立つ存在になること、またテキパキと仕事をしていると、しっかり見えて任せたくなる、という側面も多いのではないでしょうか。

つまり、いい面を評価されて選出されたり支持されることもあると思うのですが、それでもできるだけ避けたいという親もいます。

PTAや役員のメリット

spice35
#遅くまで活動しないといけないから面倒・・・・?

くじ引きや周りからの推薦、どうしても断れなくて、など理由は様々であっても、PTAなどの役員に選出されてしまった場合。
面倒、といったデメリットばかりでもないようです。

実際にPTA役員などを受けた人の話によると、メリットも多いとか。

例えば、学校の先生、特に上の先生と近づいたり仲良くなるきっかけになる、ということですね。
学級の役員だけでも、担任の先生と他の父兄の方よりもより話す機会が増えれば、必然的に仲良くなったり、先生のことも理解しやすくなりますよね。
それだけでも様々な意味でのメリットと考えられなくもないですか?

そして、学級だけじゃなく、学校単位での活動になると、もっと面倒ではあるんですが、そうなると他の学年の先生や教頭先生、校長先生なんかとお話ができる機会がある場合もあります。

また、行事の時など率先して動かなければいけなかったり、準備に駆り出されたり、と大変な部分もありますが、その分の達成感もあります。
子どもと一緒の行事なら、子供とも一体感も強くなりますよね。

他にも学校の問題点なども耳にする機会も増えることで、早いうちに対応できる、というのも大きな利点かと思います。

まとめ

面倒に思うPTA役員などの役員ですが、メリットも少なくないようです。
同じ役員の人たちと色々やることで、新しい人間関係も出来て楽しくなる場合もあるようです。

もし選出された、としても、楽しくできればいいですね。

様々な生活情報ブログがあります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です