医療費控除でお金が戻る?家族も含めて計算の仕方

医療費控除は所得控除の一つで、災害や病気などで不意に大きな出費が生じて、家計に負担が掛る事への配慮から制度化されています。

1月1日から12月31日までの本人又は生活を一にする家族の分として支払った医療費に関して、一定の金額所得控除が受けられます。医療費控除を受けるためには確定申告が必要です。

★医療費控除額の計算
控除額=(医療費の支出額ー支払いを受けた保険金等の金額)-10万円
*総所得が200万円未満の場合は 
控除額=(医療費の支出額ー支払いを受けた保険金等の金額)-総所得金額等×5%

ポイント:総所得200万円以上の人は、総額10万円を超える医療費の支払いがあった場合、還付金がでるかのうせいがあるので確定申告した方が良いです。

【医療費の控除対象となるもの】
・お医者さん、歯医者さんによる病気やけがの治療費、診療費、入院費など
・病気やけがの治療及び療養のために用いた医薬品の購入代金
・病院、診療所などへ行くための交通費(地下鉄・JR・バス代など) 但し妊婦・高熱・けがなど公共の交通機関の医療が厳しい時はタクシーもOK
・義手・義足・松葉づえなどの購入費用
・妊娠・出産に掛る費用
定期検診や検査などの費用も含む
                  など

【控除対象とならないもの】
・人間ドックの費用 *その健康診断により病気が発見され治療が始まった場合は、控除対象となります
・美容のために行う歯列矯正の費用
・予防接種(インフルエンザなど)の費用
・診断書の作成費用
・疲労回復、健康増進のための栄養ドリンク、ビタミン剤、医薬品の購入代金
・化粧品代わりに使われる医薬品の費用
・車で通院する場合のガソリン代、駐車場の料金
・タクシー代
・メガネ・コンタクトレンズの代金 *白内障など病気治療のために必要なものは控除対象
・補聴器の代金
・自己都合で要望した差額ベッド代
                        など
計算例
Aさん所得500万円

医療等受けた人 支払先    内容       金額
Aさん      B薬局    風邪薬      1,500円
長女       C病院    骨折で入院と通院 150,000円(民間の医療保険から入院給付金として                               50,000円支給アリ)
妻        D歯科医院  虫歯で通院・治療 50,000円
         市営バス   通院費      5,000円
Aさん      B薬局     栄養ドリンク   1,000円①

医療費の支出額=1,500円+150,000円+50,000円+5,000円=206,500円
保険金等の補てん額=50,000円
医療費控除額=(医療費の支出額ー保険金等の補てん額)-100,000円
56,500円=206,500円―50,000円ー100,000円

*①栄養ドリンクは医療費に入りません
1年間家族全員で掛った医療費を計算すると10万円超える場合もありそうです。領収書を貯めておいて確定申告、戻ったお金で美味しいものでも皆で食べに行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です