保育参観の服装、パパの恰好も要注意!

幼稚園の保育参観、年に何回かありますが、ママとしてはパパにどんな服を着て行ってもらったらいいか、悩みませんか。

悩む前に、パパが勝手に服を選んで着ちゃった、なんてこともありますが、気になるのは周りのママの目…そんなことはありませんか?

うちの場合は、幼稚園のクラスで公園で遊ぶ際、休みだったパパが来てくれたのはいいのですが、ブルゾンが紺でパンツも紺、靴も紺でみんなスウェット素材だったときは、ショックでした。

お友達のおしゃれなママに、あれがうちのパパ、なんて言いながら振り返って見て、絶句しました。
何故、靴まで履き過ぎてヨタヨタしているスウェットのにしたのだろう…。

出かける時はバタバタしていて気づかなかったのです。

パパは公園を駆け回る子どもの面倒を見てくれていて、来てくれたのは大変助かったのですが、私の心の中では、何故ママチェックを入れなかったんだ…、そう思うばかりで、お友達には見ないで見ないで、ちょっと服が…なんてつい言ってしまうハメになりました。

保育参観ともなれば、プロのカメラマンが来園していて撮影するため、写真に残ります。
変な服では後悔も大きく残ってしまいます。
目立つ色だとあの色のパンツ履いていたの、誰々のパパだよね、などと言われてしまうことにもなり兼ねません。

普通の幼稚園や保育園であるなら、ハイブランドや完璧に趣味のいい服である必要など全くなく、ユニクロ等で全然いいのです。

ただ、あまり奇抜な色やアイテムはすごい確率で覚えられてしまい、物覚えのいいママだと顔までしっかり記憶して、あのパパ駅前のコンビニでオニギリ家族のぶんまで買ってた、などとバレることにつながります。

スーツやそれに類する必要もなく、あくまでカジュアルで十分です。カジュアル過ぎてジャージなどでもインパクトありすぎます。

出来れば清潔でヨレていないポロシャツや、ボタンダウンシャツ、襟が伸びておらずきれいならTシャツなどでもいいのですが、プリントにインパクトのあるものは止めておいたほうが無難です。ハデ色も注意です。

ボトムスは、夏でも短パンよりは、アンクル丈のパンツなどの方が良いかと思います。冬なら汚れ、破れのないデニムやチノパンで、足元は通年スニーカーで十分です。

男性は、髪型やヒゲでも大きく職業が出ます。清潔感を一番に整えていくのが良いでしょう。キャップなどは子どもっぽいので要注意です。

子どもは、大好きなパパが見にきてくれることが、最高に嬉しいです。楽しい参観を過ごせることが一番大切です。とにかく小ぎれいであることに気をつけて、いい参観日にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です