長命寺の桜餅と道明寺の桜餅/違いや由来・レシピ

桜の季節になると食べる「桜餅」。さくら餅といっても種類があるのをご存じですか?

生まれも育ちも関東の私は桜餅というと桜色のお餅や小麦粉の生地の中に餡子がつつまれているもの、そして、道明寺桜餅もある、という認識なのですが、
どうやら関東・関西で「桜餅」の認識が違うようなんですね。

両方知ってはいるし、食べたこともありますが、違いや由来は知らない!気になる!
ということで、それぞれ調べてみました。

関東と関西では桜餅が異なる!?

関東で「桜餅」というと、小麦粉などで作られた生地をクレープのように焼き、
中に餡子を入れて(挟んだ)ような形のものを指します。

一方関西で「桜餅」というと、道明寺粉を蒸し、餡子を中に入れて丸く成形したもので、道明寺粉のつぶつぶ感があるものを指します。
関東ではこういったタイプの桜餅を「道明寺桜餅」や「道明寺」と呼びます。

spice1
これはつぶつぶ感があるので、関東では道明寺と言いますね。

関東の桜餅にも呼び名があった!

関西の桜餅を「道明寺」と呼びますが、関東の方に呼び名はないのか?と思ったら、
ちゃんと名前があるそうです。関東の桜餅は「長命寺」だそうで、
関西の方では関東風桜餅を「長命寺」と呼ぶことがあるそうです。

それぞれにお寺の名前がついているのは興味深いです。
なぜそれぞれに「道明寺」「長命寺」という名前がついているのか?と思ったら、
そこには由来がありました。

「道明寺」と「長命寺」の由来

まずは有名な「道明寺」の由来から。
道明寺というのは大阪にあるお寺だそうです。
元々、僧がもち米を乾燥させて砕き、保存食としていて、それが道明寺粉の由来だそうで、
そこから関西風桜餅の「道明寺」という名前がついたそうです。

一方、関東風の「長命寺」。
こちらは東京都向島にある長命寺が由来です。
ここの門番が考案したのが、関東風の桜餅ということのようです。

自分の生まれ育った場所などで食べられていた桜餅は知っているし、それが桜餅だと思っていたけれど
もう一つ種類がある、とか場所によって認識されている桜餅が違う、ということを
知らない人ももしかしたら結構多いのではないか?と思いました。

桜餅のレシピ

桜餅のレシピ、ネットで検索してみると色々あります。
ちゃんと「道明寺桜餅」「長命寺桜餅」と両方あるのが興味深いですよ。

本格派な作り方から簡単レシピまで色々な、クックパッドのレシピ、おすすめです。

道明寺

道明寺桜餅【クックパッドレシピ】

長命寺

長命寺桜餅【クックパッドレシピ】

桜餅の作り方が動画でアップされていましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です