花粉症にお茶(べにふうき)メチル化カテキンはアレルギーに効果?飲み方は?

花粉症。過ごしやすくいい天気の多い春・秋に花粉症に悩まされる人も少なくないですよね。
日本において、花粉症はもう「国民病」と言われるレベルにあるようです。
ネットでそういったニュースを見ると、どうにかできないのかな・・と本当に思います。

花粉症対策に色々なものがいいと言われています。
ヨーグルト、乳酸菌、アロマ、お茶、ハーブティなど・・・

私も花粉症持ちなので、様々な花粉症対策が気になっています。
色々試してみましたが、なかなか根本解決につながっていないのが現状です。

人によって効果は様々ですが、ヨーグルト(乳酸菌)やお茶などは
続けていたら効果があったという人も少なくないですよね。

中でも個人的に気になっているのが緑茶(べにふうき)です。

spice2

花粉症対策にお茶!?

花粉症にいいお茶、と言われているのが、べにふうきという緑茶です。
この「べにふうき」という茶葉、元々は緑茶用ではなく紅茶用の品種として作られていたもののようです。

べにふうき緑茶がなぜ花粉にいいと言われるのか、というと、
べにふうきに含まれる「メチル化カテキン」という成分です。
このメチル化カテキンは、何の茶葉にでも含まれるか、という訳ではないようです。

花粉症の人は体内に花粉(アレルゲン)が入ると、体の中で抗体が作られます。
その抗体は肥満細胞に付着します。
またアレルゲンが体内に入ると、抗体とアレルゲンが結合し、抗原抗体反応を起こします。
この反応を起こすと、肥満細胞からヒスタミンなどが放出されて、アレルギー症状を引き起こします。

メチル化カテキンは、抗体の肥満細胞へ付着するのを抑制すること、また
ヒスタミンなどアレルギー症状を起こす化学物質の放出を抑える、ということが実験の結果わかってきたそうです。

実験の結果、花粉症だけでなく、鼻炎やアトピーなどのアレルギーにも
効果があるということがわかってきたそうです。

メチル化カテキン、すごいですね!!

べにふうき茶はどうやって摂取するのが効果的?

さて、そんな、花粉症やアトピー、アレルギー持ちにとって
素晴らしい!と大歓迎したくなる「メチル化カテキン」を含む、べにふうき茶。
どうやって摂取するのがいいのでしょう?

カテキンは水溶性で高温でよく抽出される

という性質があるそうです。

べにふうき茶を効果的に入れる方法

効率的にメチル化カテキンを取り込むには、べにふうきの茶葉を5分以上煮たたせるのが効果的と言われているようです。
でも、それって大変・・・もっと簡単な方法は?というと、

粉末状のべにふうき茶を使用することです。

パウダー状のべにふうき茶なら効率よくメチル化カテキンを摂取することができるようですよ。

そういえば、べにふうきのお茶って、パウダー状のものが多いんです。

それって、こういう理由があったから、なんですね。

できれば、メチル化カテキンが高濃度に配合されているべにふうき緑茶を選んで、一日に4回ほど飲むのがいいみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です