睡眠の質を上げる方法/マットレス・パジャマの選び方

睡眠というのはただ取ればいいという訳ではなく、「睡眠の質」が大事と言われます。
例え短い間であっても、質のいい睡眠をとればしっかり体が休まって疲れが取れるし、
逆に長く寝ていても質の悪い睡眠だと、疲れがあまり取れない、なんて言いますよね。

同じ睡眠時間なら、質のいい睡眠でしっかり疲れを取りたい!
そう思う人も少なくないと思います。

意外に大事!?睡眠時の服装は?

寝るときの服装、どんなものを着ていますか?
ジャージや部屋着、いらなくなった服で寝ていたりしませんか?

実は、寝るときの服装、これもいい睡眠のためには重要なんだそうです。

私も以前はジャージーで寝ているときがありました。
学生時代には、いらなくなったジャージが部屋着兼パジャマという友人も少なくありませんでした。
あと、部活のユニフォームとか。
他にも、不必要になった服を着てる、なんて人もいました。

まぁ、若いときならそれでいいのかもしれませんが、、
パジャマって高いし。って思いますが、やっぱり大事なようですよ。

パジャマの選び方

spice7

それならジャージとかじゃなければ、パジャマなら何でもいいのか、というとそういう訳でもないようです。

綿素材のパジャマ

がいいみたいです。

そして、手足部分が窮屈ではないものがいいのだそうです。

人間は寝ている間に汗をかきます。また、あまり熱がこもると熟睡できないんだそうです。
だから、汗をかいてもこもらない、適度に通気性のいい綿素材がいいそうです。

可愛いし安いし暖かいし、と近年種類も増えているフリース素材のパジャマ。
あれもあまりよくないようです。真冬は暖かいので助かりますけれどもね。。

マットレスの選び方

質のいい睡眠のためには、寝具も重要になります。
掛け布団や毛布、枕など、色々とありますが、今回はマットレスのお話。

朝起きたら体が痛い、腰が痛い、疲れが取れてる感じがしない、という場合、マットレスがあってないことがあるようです。

寝ている間というのは、気づいてなくても様々な寝相で寝ていると言いますね。
そうやって体勢を変えることで疲れを取っているのだそうです。

体が痛いのなら、ふわふわの沈み込むようなマットレスが欲しい!と思ったことがあるのですが、
実は柔らかくて沈み込むようなマットレスだと、寝返りを打ちにくい(うてなくて)、逆に疲れがたまってしまうこともあるようです。

適度に固いマットレスがおすすめ、なんて言われるのにはそういう理由があります。

spice9
寝ているときの寝相は自分ではわかりません・・・

ここ近年話題のマットレス、エアウィーヴなんかは、結構固めのマットレスのようですが
浅田真央選手をはじめ、多くのスポーツ選手が愛用しているということを加味すると
やっぱり少し固めのマットレスはいいのかもしれないですね。

固いマットレスならいいか、といえばそういう訳でもない

固いマットレスならいいのか、というとそういう訳でもないようです。
例えば、腰などが痛い場合、固いマットレスよりも、柔らかいマットレスの方が
負担が少なくて楽という場合もあります。

このあたりは、実際に使ってみて判断するのが一番です。

マットレスの選び方としては、やはり個人差が大きいので、
使ってみて選ぶというのが一番だと思います。

そういってしまえば元も子もないんですが、、、絶対に合うものを探すのなら、それが一番なのです。

でも、選ぶためのポイントはあります。

私の思う、マットレス選びのポイント

どういうタイプのマットレスが好きなのか考える

固めのマットレスが好きなのに、柔らかいのに無理やり寝ても余計に疲れてしまいますよね。
自分の好みを考えておくことは大事だと思います。

口コミなどで評判のいい商品を選ぶ

やはり口コミは重要です。特に、例えば「腰痛持ちの人に評判のマットレス」
など、自分の悩みに近いマットレスがあれば、そういったものを選ぶと間違いが少ない場合も多いですよ。

マットレスを選ぶのは手間のかかることだと思います。でも、ちゃんと合えば、かなり体が楽になったり睡眠の質が上がったという話はよく聞きます。

また、完全に合っていなくても、体への負担が減ったり睡眠がいいものになっていったり、ちゃんと考えて選べば、やっただけのことはあると思います。

腰痛におすすめのマットレスなどはまた後日紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です